FC2ブログ

居合道 無双直伝英信流 福岡真道道場

全日本居合道連盟に所属しています。新入館員募集中です!! 初期費用は、道着と刀一式で65,000円位です。興味のある方は、まずは見学にお越しください。その際は事前連絡をお願いします。連絡先はsougo80008@yahoo.co.jp 又は090-7984-0681 中村です。

2020年初抜き会

初抜2020

正月休みが明け、どうにか社会復帰し、すっかりいつもの日々に戻った今日この頃です。
昨年の初詣、境内の出店で見つけた古着物。身幅が合わず直そうとほどいたところで止まっていました。あれからもう1年!

そしてこれも昨年だったか、の出来事。
大学時代、分からず仕舞いだったことについて、偶然、今になって答えを見つけた(かも!)ということがありました。
ゼミの発表、テーマは芸能の始まり。4回生になってそろそろ卒論という言葉がちらほら聞こえてくる時期、発表内容があまり芳しくなかったのか、先生から読んでみたら?と教えていただいた資料がありました。かなりの巻数からなるもので、全部読んでいては時間がないと思い、該当しそうな箇所を探しては、急ぎ読んでいった記憶があります。それでも、先生が意図しておられたことが何だったかは、結局分からずじまい。

それが今頃になって。 
フォロー中のブログ。お能のことが書いてありました。読んでみると、ある出来事について書かれています。時の将軍が、神事である翁の能をみるに際し、「翁は太夫に」と言ったそうです。
この意味は、神に近い存在とされる老人が舞う翁の役を、当時最高の演技者である太夫に求め演じさせた、これをもって能楽元年とされる。つまりこのとき、神事である能が、芸能になったのです。その方はこの話を、昔、大学の授業で聞かれたようです。
これはと急に記憶がよみがえり、先生が私に読ませたかったのは、この出来事についての記述ではないか、と思ったのです。本当のところどうだったのか、今となってはわかりませんが、、、。

ただ、それからふと思ったのです。当時そのような記述を読んだとして、お能をよく知らない私は、果たしてこの意味に気づいただろうか?と。

一見関係のないようなことから、面白いことが見えてくるかもしれない。
周辺の知識を得て、居合を知る。居合を通して、別のことが見えてくる。古武道を稽古する醍醐味かもしれません。そのようなことを思い返す年始め。とりあえず今は、途中になったままの古着を直さなければ。稽古用にしようと悪戦苦闘中です。

今年も怪我無く安全に稽古できますように。
居合から、いろんなことが広がり、深まっていくかもしれません。居合始めませんか?
新入館員募集中です。
関連記事
スポンサーサイト



 悠毅館

0 Comments

Leave a comment